夏の北海道グルメ

絶品として知られる北海道のウニ

夏の北海道のグルメの1つとして挙げられるのがウニです。ウニは獲れる場所によって旬の時期が異なります。北海道の中でも積丹半島、利尻町、礼文町という3つの地域で漁獲されるウニは5月中旬から8月に旬を迎えます。北海道ではこの時期になるとウニに関連するイベントが行われることもあります。同様にスルメイカも北海道の夏グルメの代表格です。スルメイカは6月ごろから旬を迎え、ちょうど7月や8月は絶好の食べごろとなります。函館ではその日に水揚げされたスルメイカを細切りにしたイカそうめんが特に人気となっています。イカはその種類によって旬が異なるので注意が必要ですが、新鮮なスルメイカを食べたい方には夏がうってつけです。

海の幸以外にも美味しいものがたくさんある

初夏に旬を迎える北海道のフルーツとして知られているのが夕張メロンです。今や北海道以外の地域でも果肉のオレンジのメロンを見かける機会が増えましたが、やはり本場夕張のメロンは人気があります。北海道では夕張メロン以外にも様々なメロンが栽培されており、そのほとんどが夏に旬を迎えます。

じゃがいもは7月から8月に旬を迎えるので、北海道の夏を代表する食べ物の1つとなっています。じゃがいもは一年中よく食べられていますが、夏ごろに取れるじゃがいもは特にほくほく感があるのでじゃがバターにもうってつけといえるでしょう。男爵イモやメークイン、北あかりなどの品種を味わうことが出来ます。料理に応じて自在に使い分けられるのもじゃがいもの特徴です。

函館旅行は飛行機だけでなく、新幹線でも行ける様になりました。飛行機が苦手と言う方も新幹線で都心から乗り換えなしで行く事が出来ます。新幹線でゆったりと駅弁を食べながら移動が行えます。