夏の北海道のアクティビティ

迫力あるラフティング

北海道では、広大な土地を活かしたダイナミックなアクティビティーが楽しめます。その1つがラフティングであり、急流を丈夫なゴム製のボードに乗って漕ぎ下ります。北海道には十勝川など大きな川がたくさんあるので、各地でラフティングを楽しむことができます。ラフティングのベストシーズンは夏の短い期間であり、パワフルな波に向かって力いっぱい漕ぎ下る経験に病みつきになる人が少なくありません。急流を流れ下るときはボードから落ちそうになることがあり、スリル満点なアクティビティーを楽しめます。自然も満喫できるので、心も体もリフレッシュできます。そして川下りを楽しんだ後は、近くにある温泉にゆったり浸かるのも良いでしょう。各地にあるアウトドア施設に申し込むことになりますが、どこの施設でも事前予約が必要となります。

熱気球体験を楽しもう

北海道の各地では熱気球体験ツアーを実施しています。各地にあるネイチャーセンターなどで申し込むことができます。熱気球体験の良いところは、初心者でも気軽に楽しめる点です。高度約30mまで浮いた気球からは、牧草の緑や広大な畑が連なる風景を楽しめます。ある程度の高さまで上がるため、スリルを味わうことができます。熱気球体験でおすすめは早朝であり、気球の上から見るきれいな朝焼けは、早起きしてでも行く価値が十分にあります。ただし夏でも早朝は冷え込むため、上着を持参することをおすすめします。さらに雨が降ったり強い風が吹いたりする場合は、中止になることは知っておくと良いです。施設によっては予約なしでも熱気球に乗ることはできますが、念のため事前確認することをおすすめします。

小樽旅行では、昭和時代に商社や銀行として使われた歴史的建造物を見学することもできます。運河にある倉庫群では小樽の歴史を感じさせる展示品やお土産品などもあり、ノスタルジックな旅が楽しめると好評です。